《もどる》
 
 わ 

若建命 (わかたけのみこと)

国造本紀に、天ヌ桙命の八世孫で、神功皇后の時代に伊豆国造に任じられたことがみえる。(旧)

天ヌ桙命

[←先頭へ]


若湯坐宿禰小月 (わかゆえのすくねおづき)

神亀五年五月二十一日、正六位上から外従五位下に叙せられた。(続紀)

[←先頭へ]


若湯坐宿禰子人 (わかゆえのすくねこひと)

天平神護元年正月七日、正六位上から外従五位下に叙せられた。(続紀)

[←先頭へ]


若湯坐宿禰子虫 (わかゆえのすくねこむし)

宝亀三年正月十日、正六位上から外従五位下に叙せられ、
延暦二年二月五日、従五位下に叙せられた。(続紀)

[←先頭へ]


若湯坐宿禰継女 (わかゆえのすくねつぐめ)

天平十七年正月七日、正六位下から外従五位下に叙せられた。(続紀)

[←先頭へ]


若湯坐連宮足 (わかゆえのむらじみやたり)

摂津国河辺郡の人。
貞観五年八月八日、同族の若湯坐連仁高らとともに、本居を改めて右京とした。ときに散位正六位上。(三代実録)

[←先頭へ]


若湯坐連家主 (わかゆえのむらじやかぬし)

養老三年五月十五日、宿禰の姓を賜る。時に大初位下。(続紀)

[←先頭へ]


Wordsworth - Version2.6.0 (C)1999-2002 濱地 弘樹(HAMACHI Hiroki)