天璽瑞宝トップ > 先代旧事本紀の世界 > 先代旧事本紀とは? 


先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)』とは?
 

 

 略して『旧事紀(くじき)』『旧事本紀(くじほんぎ)』と通称されています。
 その序文によると、推古天皇の二十八年(620)に勅によって、聖徳太子が蘇我馬子とともに撰定したものとされます。近世になるまでこれが信じられ、強い影響力をもっていました。
しかし、本文の大部分が『古事記』『日本書紀』『古語拾遺(こごしゅうい)』からの引用で成っていることや、天皇謚号などのはるか後代でなければ知りえないことに関する記載があること、序文と本文との間に不備があることなどから、現在では聖徳太子らが編纂に携わったことは否定されています。また、『古事記』『続日本紀』『弘仁格式』などと比べて序文の形式が当時のものにかなっていないことも指摘されています。

 そのため、『日本書紀』推古二十八年条に、「皇太子・嶋大臣、共に議りて、天皇記及び国記、臣連伴造国造百八十部并て公民等の本記を録す」という記事に付会して成立年代をさかのぼらせた「偽書」であるといわれます。
実際の成立年代は、平安初期と考えられます。
その上限は、本文中に加我国(かがのくに)が「嵯峨朝の御世、弘仁十年(十四年の誤りか)に越前国を割て、加賀国と為す」とあり、823年以降とみられます。また下限は、藤原春海が『日本書紀』の講書を行ない、その中で『先代旧事本紀』に言及した延喜四年(904)〜延喜六年のころまでとみられます。
『古事記』『古語拾遺』『藤氏家伝』『高橋氏文』『新撰姓氏録』といった、諸氏の家記に関連する書が先んじて編纂され、これに刺激を受ける形で『先代旧事本紀』も作成されたようです。

 「偽書」の評価を下されたのは上記の「聖徳太子の撰」を騙ったと見られているためで、内容的には、全体に物部氏に関する独自の伝承が織りこまれています。これには拠るべき古伝があったのではないかとみられ、物部氏伝承自体がすべて偽作されたわけではないと考えられます。
編纂の目的は、「物部氏は由緒正しい家柄で、神武天皇以来、代々石上神宮(いそのかみじんぐう)の神を祀ってきた」ことを主張することにあるとみられます。この目的と直接関係しない部分には、多く重複・矛盾がみられます。そのため、未完成説もあるようです。
作成者は不明ながらも、物部氏との同族意識を持った人物だったと思われます。

 構成は、全十巻から成ります。
第一巻は「神代本紀」および「陰陽本紀」で、天地のはじまりから、天照太神ら三貴子の誕生まで。
第二巻は「神祇本紀」で、天照太神と素戔烏尊の誓約から、素戔烏尊の高天原追放まで。
第三巻は「天神本紀」で、物部氏の祖神である饒速日尊の天降りから、出雲国譲りまで。
第四巻は「地祇本紀」で、素戔烏尊・大己貴命ら出雲神の神話。
第五巻は「天孫本紀」で、饒速日尊の後裔とする尾張氏と物部氏について。
第六巻は「皇孫本紀」で、瓊々杵尊の天降りから、神武東征まで。
第七巻は「天皇本紀」で、神武天皇の即位から、神功皇后まで。
第八巻は「神皇本紀」で、応神天皇から、武烈天皇まで。
第九巻は「帝皇本紀」で、継体天皇から、推古天皇まで。
第十巻は「国造本紀」で、大倭国造から、多ネ嶋国造まで、135の国造の由来について記されています。

 物部氏の祖神・饒速日尊(にぎはやひのみこと)について、『日本書紀』は神武天皇の東征以前に大和に天降り、「天神の子」を称して、神武天皇もそれを認めたとしています。しかし、饒速日尊がいつ天降り、神々の系譜上どこに位置するのかには触れていません。
これに対し、先代旧事本紀は「神代本紀」において、中臣氏や忌部氏、阿智祝部氏らを、皇室に連なる神世七代天神とは別の独化天神の後裔として、皇室と距離を取らせる一方、「天神本紀」などでは、饒速日尊を尾張氏の祖神である天火明命と同一神にして、瓊々杵尊と同じ「天孫」に位置づけ、物部氏の格の高さを主張しています。
また、物部氏の人物が、「食国(おすくに)(まつりごと)を申す大夫」「大臣」「大連」といった執政官を多く出し、代々天皇に近侍してきたことを強調します。

 『先代旧事本紀』の作成者が、もっとも語りたかったのは、物部氏と石上神宮のつながりと思われます。
石上神宮の神のうち、「布都御魂(ふつのみたま)」は、出雲国譲りと神武東征に登場する、天皇にまつろわぬモノをことむける剣神であり、「布留御魂(ふるのみたま)」は、タマシヅメ・タマフリの力を持つ、十種の天璽瑞宝の霊威のことで、饒速日尊が天神御祖(てんじんのみおや)から授けられて天降ったものとされています。
なお、現在の主祭神には「布都斯魂(ふつしみたま)」もありますが、これは物部首(もののべのおびと)(ワニ氏族。のちの布留宿禰)が関与するようになった後、フツノミタマから派生した神と思われます。

 「布都御魂」「布留御魂」は両者とも、物部氏の職掌に密接に関係する性格を持ちます。
物部氏は、大和王権に従わない人たち=ツチグモを、富を生み出すオホミタカラに変換することを任務にしていたと考えられます。各地の豪族を、ときに武力も用いて屈服させた後、彼らの神を象徴する神宝・瑞宝を没収し、石上神宮に集めて、祟り神と化さないよう魂を鎮める呪術を行ないました。
魂の状態をあやつる力は、逆に、天皇国家の霊を活性化することにも用いられました。
また、これらに必要な武器・祭器を製作する技術者集団としての性格も、物部は持っていたといわれています。

 しかし、『先代旧事本紀』が作成された時代には、こういった役割を物部氏は終えており、また石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)の亡き後、中央政界の表舞台にも物部氏の人物が登場することは無くなっていきました。
「天孫本紀」の物部氏系譜は、十七世孫に物部麻呂(もののべのまろ)(元明朝の左大臣・石上麻呂。宅嗣の祖父)のみを記します。そして、物部守屋すら麻呂の曽祖父である物部大市御狩(もののべのおおいちのみかり)の弟という傍流に位置づけ、また石上神宮が蘇我氏支配下にあった時期も、物部鎌姫大刀自(かまひめおおとじ)らの手によって、連綿と物部氏による祭祀が続けられたとしています。
旧来の職掌に変化が生じ、本宗家の貴族としての力が衰退していった後、物部氏に残されていたのは、宮廷祭祀のひとつである鎮魂祭に取り入れられた鎮魂呪術と関係する、石上神宮とのつながりを主張することだったのです。


《もどる》
 

 


本居宣長からみた『先代旧事本紀』

 江戸時代の国学者、本居宣長は、『古事記伝』一之巻のなかの「旧事紀といふ書の論」という一節で、先代旧事本紀についての見解を述べています。次のとおりです

「世に旧事本紀と名づけたる、十巻の書あり。此は後の人の偽り輯めたる物にして、さらにかの聖徳太子命の撰び給し、真の紀には非ず。[序も、書紀の推古の御巻の事に拠て、後の人の作れる物なり。] 然れども、無き事をひたぶるに造りて書るにもあらず。ただ此の記と書紀とを取り合せて、集めなせり。其は巻を披きて一たび見れば、いとよく知らるることなれど、なほ疑はむ人もあらば、神代の事記せる所々を、心とどめて看よ。事毎に此記の文と書紀の文とを、皆本のままながら交へて挙たる故に、文体一つ物ならず。諺に木に竹を接りとか云が如し。又此記なるをも書紀なるをも、ならべ取りて、一つ事の重なれるさへ有て、いといとみだりがはし。すべて此記と書紀とは、なべての文のさまも、物の名の字なども、いたく異なるを、雑へて取れれば、そのけぢめいとよく分れてあらはなり。又往々古語拾遺をしも取れる、是れも其文のままなれば、よく分れたり。[これを以て見れば、大同より後に作れる物なりけり。さればこそ中に、嵯峨の天皇と云ことも見えたれ。] かくて神武天皇より以降の御世御世は、もはら書紀のみを取て、事を略てかける、是れも書紀と文全く同じければ、あらはなり。且歌はみな略けるに、いかなればか、神武の御巻なるのみをば載たる、仮名まで一字も異ならずなむ有るをや。さて又某本紀某本紀とあげたる、巻々の目どもども、みなあたらず。凡て正しからざる書なり。但し三の巻の内、饒速日の命の天より降り坐す時の事と、五の巻尾張の連物部の連の世次と、十の巻国造本紀と云ふ物と、是等は何書にも見えず、新に造れる説とも見えざれば、他に古書ありて、取れる物なるべし。[いづれも中に疑はしき事どもはまじれり。そは事の序あらむ処々に弁ふべし。] さればこれらのかぎりは、今も依り用ひて、助くることおほし。又此記の今の本、誤字多きに、彼の紀には、いまだ誤らざりし本より取れるが、今もたまたまあやまらである所なども稀にはある、是れもいささか助となれり。大かたこれらのほかは、さらに要なき書なり。[旧事大成経といふ物あり。此は殊に近き世に作り出たる書にして、ことごとく偽説なり。又神別本紀といふものも、今あるは、近き世の人の偽造れるなり。そのほか神道者といふ徒の用る書どもの中に、これかれ偽りなるおほし。古学をくはしくして見れば、まこといつはりはいとよく分るる物ぞかし。]


▽ 訳 ▽

 世に『旧事本紀』とよばれる十巻の書がある。これは後世の人が偽り集めたものであって、決して聖徳太子のお選びになった書ではない。
[序文も、『日本書紀』の推古天皇の巻の記事に拠っていて、後世の人が作った物である。]

 しかし、そうはいっても、事実無根の話をひたすらに造作して書いたわけでもない。
 『古事記』と『日本書紀』とを取り混ぜて、集めている。そのことは、巻を開いて一たび見れば、とてもよく分かることであるが、なお疑い深いような人は、神代のことを記した部分を、注意深く見るがよい。『古事記』の文と『日本書紀』の文とを、皆もとのままで交ぜて挙げているので、文体が一つに統一されていない。「木に竹を接ぐ」といった感じである。
また、『古事記』の記事も『日本書紀』の記事も、いっしょに取りあげ、なかには重複している部分まであって、本当に粗雑である。『古事記』と『日本書紀』とは、全体の文体も、物の名前の表記なども、ひどく異なっているので、まざって取られていても、区別ははっきりしている。
また、ところどころ『古語拾遺』から取られた部分もある。これも原文のままなので、はっきりしている。
[このことを考えると、旧事本紀は大同年間より後に作られたものである。そのため、書中に「嵯峨天皇」のことがみえるのである。]

 このようにして神武天皇より以降の時代は、もっぱら『日本書紀』のみを引用し、省略して書いている。これも『日本書紀』とまったく同じ文なので、明らかである。そのうえ、歌はみな省略しているのに、どういうわけか、神武天皇の巻にあるもののみを載せている。仮名まで一字も異ならずに有るのである。

 さて、某本紀、某本紀などという、巻々の名前なども、みな内容と合致せず、すべて正しくない書である。
 ただし、第三巻のうちの饒速日命の天降りのときの記事と、第五巻の尾張連・物部連の系譜と、第十巻の国造本紀などは、どの書物にもみえず、新たに創作した記事とも思えないので、他に古文献があって、そこから取ったものであろう。
[古文献から取ったと思われる中にも、疑わしい記事は混じっている。それは疑わしい記事のある各々の箇所で見分けるべきである。] 
だから、これらの記事だけは、今も参考にして用いて、助けとなることが多い。
また、『古事記』の現在伝わっている写本には誤字が多いのに対し、『旧事本紀』には、昔の誤字のない本から取っているため、今になっても誤字の無いところがまれにあるので、これもいささか助けになる。
 しかし、大かたこれらのほかは、まったく必要のない書である。
[『旧事大成経』という物がある。これは特に近い世に作り出された書で、ことごとく偽りである。また、『神別本紀』というものも、いま存在しているのは、近い時代の人が偽造したものである。そのほか、神道者と称する連中が用いている書の中に、あれこれ偽っているものは多い。古学にくわしくなって見れば、真書か偽書かは、とてもよく分かる物である。]

《もどる》