天璽瑞宝トップ > 先代旧事本紀の世界 > 天神本紀 > 天璽瑞宝


天璽瑞宝十種

饒速日尊の降臨に際して、天神(高皇産霊尊か天照大神か)が授けたという神宝です。
物部氏を象徴するものとして、当サイトの表題にも頂戴いたしました。

 都鏡(おきつかがみ)一つ
 辺都鏡(へつかがみ)一つ
 八握の剣(やつかのつるぎ)一つ
 生玉(いくたま)一つ
 死反の玉(よみかへしのたま)一つ
 足玉(たるたま)一つ
 道反の玉(みちかへしのたま)一つ
 蛇の比礼(へびのひれ)一つ
 蜂の比礼(はちのひれ)一つ
 品物の比礼(くさぐさのもののひれ)一つ

鏡・玉・剣・領巾の四種十品がみえます。
天神が饒速日尊に教えたこととして、
「もしも痛むところなどがあれば、この十種の宝を使って、一・二・三・四・五・六・七・八・九・十と数えながら振りなさい。ユラユラと振りなさい。そうすれば、死人は生き返るだろう」
という言葉があります。
「若痛處有ば」での使い方の結果が、「死人は反生なむ」ではおかしいので、これは一例を示したにすぎないのでしょう。おそらく、それくらい霊威に満ちた神宝なのだ、ということを主張したいがための記述です。


これらの神宝に領巾(比礼)があることが目を引きます。
天皇家の神器は鏡・玉・剣の三種で領巾は含まれません。天皇家の神器が設定された時代には、領巾の呪力信仰は衰えた後だったのでしょうか。

『万葉集』によれば、松浦の佐用比売は、
「高き山の嶺に登り、離り去く船を遥望し、悵然肝を断ち、暗然魂を銷つ。ついに領巾を脱きてふ」った、とあります。
これは恋人の魂を揺すって、自分のもとに呼び返そうというまじないのようです。
また、出雲神話に、大己貴命が須佐之男命から試練を受ける説話があり、その中で大己貴命は須勢理毘売からもらった領巾の力で、蛇やムカデ、蜂を鎮めたとあります。

領巾には、魂を振るわして活動的にすることも、逆に鎮めることもできる力があると考えられていたのです。
領巾の呪力を認める物部の十種の天璽瑞宝は天皇家の神器よりも古い形を伝えているようです。

それぞれの神宝には、元々それぞれの意味や、もたらす効験があったと考えられますが、現代となっては憶測するしかありません。
たとえば栗田寛は「物部氏纂記」のなかで、死反玉は「死人を蘇生しむる効験ある由の名」、道反玉は「邪鬼の追来などに禍を為むとする時、逐及れざる徳ある由の名」ではないか、としています。

 


◇◆◇


ところで、『古事記』応神巻には、新羅の王子・天之日矛がもたらした八種の神宝が記されています。共通する点もみられるようです。

 天日矛の神宝・玉つ宝 

 珠二貫
 浪振る比礼
 浪切る比礼
 風振る比礼
 風切る比礼
 奥つ鏡
 辺つ鏡