天璽瑞宝トップ > 先代旧事本紀の世界 > 現代語訳 > 巻第一 神代本紀

 巻第一 神代本紀 

神代本紀

昔、自然の気は混沌として、天と地とはいまだ分かれていなかった。鶏卵の中身のように固まっていなかった中には、ほのかにぼんやりと何かが芽生えを含んでいた。やがて、そのうちの澄んだ気は、立ち昇ってからたなびいて天となり、浮き濁ったものは、重く沈み滞って大地となった。いわゆる、国土が浮き漂い、開け別れたというのはこのことである。
たとえていえば、泳ぐ魚が水の上のほうに浮いているようなものである。そのため、天がまず出来上がって、大地はその後に出来た。
そしてその後に、高天原に生まれた一柱の神の名を、天譲日天狭霧国禅日国狭霧尊(あまゆずるひあまのさぎりくにゆずるひくにのさぎりのみこと)と申しあげる。それより以降、ひとりでに生じられる神の他に、共に生じられる二代、二柱並んで生じられる五代の、あわせて「神世七代」とは、この神々である。

神代系紀

天祖・天譲日天狭霧国禅日国狭霧尊。
第一代の、ともにお生まれになった天つ神
 天御中主尊(あまのみなかぬしのみこと)[または天常立尊(あまのとこたちのみこと)という]。
 可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこじのみこと)
第二代の、ともにお生まれになった天つ神
 国常立尊(くにのとこたちのみこと)[または国狭立尊(くにのさだちのみこと)、または国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、または葉木国尊(はこくにのみこと)という]。
 豊国主尊(とよくにぬしのみこと)[または豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、または豊香節野尊(とよかふぬのみこと)、または浮経野豊買尊(うきふぬとよかいのみこと)、または豊齧尊(とよくいのみこと)という]。
 天八下尊(あまのやくだりのみこと)[一柱で化生された天つ神の、第一世の神である]。
第三代の並んでお生まれになった天つ神
 角杙尊(つのくいのみこと)[または角龍魂尊(つのたつたまのみこと)という]。
 妹、活杙尊(いくくいのみこと)
 別、天三降尊(あまのみくだりのみこと)[一柱で化生された天つ神の、第二世の神である]。
第四代の並んでお生まれになった天つ神
 埿土煮尊(ういぢにのみこと)[または埿土根尊(ういぢねのみこと)という]。
 妹、沙土煮尊(すいぢにのみこと)[または泥土根尊(すいぢねのみこと)という]。
 別、天合尊(あまあいのみこと)[または天鏡尊(あまのかがみのみこと)という。一柱で化生された天つ神の、第三世の神である]。
第五代の並んでお生まれになった天つ神
 大苫彦尊(おおとまひこのみこと)[または大戸之道(おおとのぢ)、または大富道(おおとむぢ)、または大戸麻彦(おおとまひこ)という]。
 妹、大苫辺尊(おおとまべのみこと)[または大戸之辺(おおとのべ)、または大富辺(おおとむべ)、または大戸麻姫(おおとまひめ)という]。
 別、天八百日尊(あまのやおひのみこと)[一柱で化生された天つ神の、第四世の神である]。
第六代の並んでお生まれになった天つ神
 青橿城根尊(あおかしきねのみこと)[または沫薙尊(あわなぎのみこと)、または面足尊(おもたるのみこと)という]。
 妹、吾屋惶城根尊(あやかしきねのみこと)[または惶根尊(かしこねのみこと)、蚊雁姫尊(かがりひめのみこと)という]。
 別、天八十万魂尊(あまのやよろずたまのみこと)[一柱で化生された天つ神の、第五世の神である]。
第七代の並んでお生まれになった天つ神
 伊弉諾尊(いざなきのみこと)[天降陽神(あまくだるおかみ)]。
 妹、伊弉冉尊(いざなみのみこと)[天降陰神(あまくだるめかみ)]。
 別、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)[または高魂尊、または高木尊という。一柱で化生された天つ神の、第六世の神である]。

高皇産霊尊の児、天思兼命(あまのおもいかねのみこと)[信濃国に天降られた、阿智祝部(あちのはふりべ)らの祖である]。
次の児、天太玉命(あまのふとたまのみこと)[忌部首(いみべのおびと)らの祖である]。
次の児、天忍日命(あまのおしひのみこと)[大伴連(おおとものむらじ)らの祖である。または神狭日命(かむさひのみこと)という]。
次の児、天神立命(あまのかむたちのみこと)[山代久我直らの祖である]。

高皇産霊尊の次に、神皇産霊尊(かむみむすひのみこと)[または神魂尊という]。
神皇産霊尊の児、天御食持命(あまのみけもちのみこと)[紀伊直らの祖である]。
次の児、天神玉命(あまのかむたまのみこと)[葛野鴨県主(かどののかものあがたぬし)らの祖である]。
次の児、生魂命(いくむすひのみこと)[猪使連らの祖である]。

神皇産霊尊の次に、津速魂尊(つはやむすひのみこと)
津速魂尊の児、市千魂命(いちぢむすひのみこと)
市千魂命の児、興登魂命(こごとむすひのみこと)
興登魂命の児、天児屋命(あまのこやねのみこと)[中臣連(なかとみのむらじ)らの祖である]。
天児屋命の児、武乳遺命(たけちのこりのみこと)[添県主(そふのあがたぬし)らの祖である]。

津速魂尊の次に、振魂尊(ふるむすひのみこと)
振魂尊の児、前玉命(さきたまのみこと)[掃部連(かもりのむらじ)らの祖である]。
次の児、天忍立命(あまのおしたちのみこと)[纏向神主(まきむくのかんぬし)らの祖である]。

振魂尊の次に、万魂尊(よろずむすひのみこと)
万魂尊の児、天剛川命(あまのこわかわのみこと)[高宮神主(たかみやのかんぬし)らの祖である]。

上記の第七代の天つ神、伊弉諾尊・伊弉冉尊、および第八代の天つ神はともに、天降った神である。

《序   《もどる》   陰陽本紀》