天璽瑞宝トップ > 先代旧事本紀の世界 > 現代語訳 > 巻第十 国造本紀

 巻第十 国造本紀 

天孫・天饒石国饒石天津彦火瓊々杵尊(あまにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのみこと)の孫の磐余彦尊(いわれひこのみこと)が、日向から出発され倭国(やまとのくに)に向かわれて、東征されたとき、大倭国で漁夫(あま)を見つけられた。側近の人たちに尋ねて仰せになった。
「海のなかに浮かんでいる者は何者だろうか」
そこで、粟の忌部首(いみべのおびと)の祖の天日鷲命(あまのひわしのみこと)を遣わして、これを調べさせた。天日鷲命が戻ってきて報告した。
「これは、椎根津彦(しいねつひこ)という者です」
椎根津彦を呼んで連れてきて、天孫はお尋ねになった。
「お前は誰か」
椎根津彦は答えて申しあげた。
「私は、皇祖・彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)の孫で、椎根津彦です」
天孫は詔して仰せられた。
「私に従って、水先案内をするつもりはないか」
答えて申しあげた。
「私はよく海陸の道を知っていますので、道案内としてお仕えいたします」

天孫は、詔して椎根津彦を案内とし、ついに天下を平定された。
はじめて橿原に都を造り、天皇に即位された。
詔して、東征に功績のあった者を褒めて、国造に定められた。また、逆らう者は誅し、県主を定められた。
これが、国造・県主の由来である。

椎根津彦命を大倭国造(やまとのくにのみやつこ)とした。すなわち、大和直(やまとのあたい)の祖である。
剣根命(つるぎねのみこと)を葛城国造(かずらきのくにのみやつこ)とした。すなわち、葛城直(かずらきのあたい)の祖である。
彦己蘇根命(ひここそねのみこと)を凡河内国造(おおしこうちのくにのみやつこ)とした。すなわち、凡河内忌寸(おおしこうちのいみき)の祖である。
天一目命(あまのまひとつのみこと)を山代国造(やましろのくにのみやつこ)とした。すなわち、山代直(やましろのあたい)の祖である。
天日鷲命を伊勢国造とした。すなわち、伊賀・伊勢国造の祖である。
天道根命(あまのみちねのみこと)を紀伊国造とした。すなわち、紀河瀬直(きのかわせのあたい)の祖である。
宇陀県主の兄猾(えうかし)を誅した弟猾(おとうかし)を、建桁県主(たけたのあがたぬし)とした。
志貴県主(しきのあがたぬし)の兄磯城(えしき)を誅した弟磯城(おとしき)を、志貴県主とした。

およそ三人の臣を選び遣わして、治めるに良いか悪いかを巡察して調べさせた。そのうえで、功績のある者を、その能力のままに国造にお定めになった。
逆らう者を誅殺し、その功績を計って、県主を定められた。

あわせて、百四十四の国に国造を任命した。


大倭国造
神武朝の御世に、椎根津彦命をはじめて大倭国造とした。

葛城国造
神武朝の御世に、剣根命をはじめて葛城国造とした。

凡河内国造
神武朝の御世に、彦己曽保理命(ひここそほりのみこと)を凡河内国造とした。

和泉国司(いずみのこくし)
もとは河内国に含まれていた。霊亀二年、割いて茅野監(ちぬのつかさ)を設置し、改めて国とした。もとは珍努宮(ちぬのみや)で治めたものである。

摂津国司(せっつのこくし)
法令を見ると、摂津職(せっつしき)とある。はじめは京師であった。桓武天皇の御代に、職を改めて国とした。

山城国造(やましろのくにのみやつこ)
神武朝の御世に、阿多振命(あたふりのみこと)を山代国造とした。

山背国造(やましろのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、曽能振命(そのふりのみこと)を国造に定められた。

伊賀国造
成務朝の御世に、皇子・意知別命(おちわけのみこと)の三世孫の武伊賀都別命(たけいがつわけのみこと)を国造に定められた。
孝徳朝の御世に伊勢国に合併され、その後、天武朝の御代にもとのように割いて設置された。

伊勢国造
神武朝に、天降る神・天牟久努命(あまのむくぬのみこと)の孫の天日鷲命を、詔して国造に定められた。

嶋津国造(しまつのくにのみやつこ)
成務朝に、出雲臣の祖・佐比祢足尼(さひねのすくね)の孫の出雲笠夜命(いずもかさやのみこと)を国造に定められた。

尾張国造(おわりのくにのみやつこ)
成務朝に、天別・天火明命(あまのほあかりのみこと)の十三世孫の小止与命(おとよのみこと)を国造に定められた。

参河国造(みかわのくにのみやつこ)
成務朝に、物部連の祖・出雲色大臣(いずものしこおおみ)の五世孫の知波夜命(ちはやのみこと)を国造に定められた。

穂国造(ほのくにのみやつこ)
雄略朝に、生江臣(いくえのおみ)の祖・葛城襲津彦命(かずらきのそつひこのみこと)の四世孫の菟上宿祢(うなかみのすくね)を国造に定められた。

遠淡海国造(とおつおうみのくにのみやつこ)
成務朝に、物部連の祖・伊香色雄命(いかがしこおのみこと)の子の印岐美命(いにきみのみこと)を国造に定められた。

久努国造(くぬのくにのみやつこ)
仲哀朝の御代に、物部連の祖・伊香色男命(いかがしこおのみこと)の孫の印幡足尼(いなばのすくね)を国造に定められた。

素賀国造(そがのくにのみやつこ)
神武朝の御世、はじめて天下が定められたときに、天皇のお供として侍ってきた人で、名は美志印命(うましいにのみこと)を国造に定められた。

珠流河国造(するがのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、物部連の祖・大新川命(おおにいかわのみこと)の子の片堅石命(かたがたしのみこと)を国造に定められた。

盧原国造(いおはらのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、池田坂井君(いけだのさかいのきみ)の祖・吉備武彦命(きびのたけひこのみこと)の子の思加部彦命(おかべひこのみこと)を国造に定められた。

伊豆国造
神功皇后の御代に、物部連の祖・天蕤桙命(あまのぬぼこのみこと)の八世孫の若建命(わかたけのみこと)を国造に定められた。
孝徳朝の御世に駿河国に合併され、天武朝の御世にもとのように分けて設置された。

甲斐国造
景行朝の御世に、狭穂彦王(さほひこのきみ)の三世孫の臣知津彦公(おみしりつひこのきみ)と、その子の塩海足尼(しおみのすくね)を国造に定められた。

相武国造(さがむのくにのみやつこ)
成務朝に、武刺国造(むさしのくにのみやつこ)の祖・伊勢都彦命(いせつひこのみこと)の三世孫の弟武彦命(おとたけひこのみこと)を国造に定められた。

師長国造(しながのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、茨城国造の祖・建許呂命(たけころのみこと)の子の意富鷲意弥命(おおわしおみのみこと)を国造に定められた。

无邪志国造(むさしのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、出雲臣の祖・二井之宇迦諸忍之神狭命(ふたいのうがもろおしのかむさのみこと)の十世孫の兄多毛比命(えたもひのみこと)を国造に定められた。

胸刺国造(むさしのくにのみやつこ)
岐閉国造(きへのくにのみやつこ)の祖・兄多毛比命の子の伊狭知直(いさちのあたい)を国造に定められた。

知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、八意思金命(やごころおもいかねのみこと)の十世孫の知々夫命(ちちぶのみこと)を国造に定められ、大神をお祀りした。

須恵国造(すえのくにのみやつこ)
成務朝に、茨城国造の祖・建許侶命(たけころのみこと)の子の大布日意弥命(おおふひおみのみこと)を国造に定められた。

馬来田国造(うまくだのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、茨城国造の祖・建許侶命の子の深河意弥命(ふかがわおみのみこと)を国造に定められた。

上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)
成務朝に、天穂日命(あまのほひのみこと)の八世孫の忍立化多比命(おしたてけたひのみこと)を国造に定められた。

伊甚国造(いじみのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、安房国造の祖・伊許保止命(いこほとのみこと)の孫の伊己侶止直(いころとのあたい)を国造に定められた。

武社国造(むさのくにのみやつこ)
成務朝に、和邇臣(わにのおみ)の祖・彦意祁都命(ひこおけつのみこと)の孫の彦忍人命(ひこおしひとのみこと)を国造に定められた。

菊麻国造(きくまのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、无邪志国造(むさしのくにのみやつこ)の祖・兄多毛比命の子の大鹿国直(おおかくにのあたい)を国造に定められた。

阿波国造(あわのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、天穂日命の八世孫・弥都侶岐命(みつろぎのみこと)の孫の大伴直大瀧(おおとものあたいおおたき)を国造に定められた。

印波国造(いにばのくにのみやつこ)
応神朝の御代に、神八井耳命(かむやいみみのみこと)の八世孫の伊都許利命(いつこりのみこと)を国造に定められた。

下海上国造(しもつうなかみのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、上海上国造の祖の孫の久都伎直(くつぎのあたい)を国造に定められた。

新治国造(にいばりのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、美都呂岐命(みつろぎのみこと)の子の比奈羅布命(ひならふのみこと)を国造に定められた。

筑波国造(つくばのくにのみやつこ)
成務朝に、忍凝見命(おしこりみのみこと)の孫の阿閉色命(あへしこのみこと)を国造に定められた。

茨城国造(うばらきのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、天津彦根命(あまつひこねのみこと)の孫の筑紫刀祢(つくしとね)を国造に定められた。

仲国造(なかのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、伊予国造と同祖の建借馬命(たけかしまのみこと)を国造に定められた。

久自国造(くじのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、物部連の祖・伊香色雄命の三世孫の船瀬足尼(ふなせのすくね)を国造に定められた。

高国造(たかのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、弥都侶岐命の孫の弥佐比命(みさひのみこと)を国造に定められた。

淡海国造(おうみのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、彦坐王(ひこいますのきみ)の三世孫の大陀牟夜別(おおたむやわけ)を国造に定められた。

額田国造(ぬかたのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、和邇臣の祖・彦訓服命(ひこくにぶくのみこと)の孫の大直侶宇命(おおただろうのみこと)を国造に定められた。

三野前国造(みののみちのくちのくにのみやつこ)
開化朝に、皇子・彦坐王の子の八瓜命(やつりのみこと)を国造に定められた。

三野後国造(みののみちのしりのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、物部連の祖・出雲大臣命(いずもおおみのみこと)の孫の臣賀夫良命(おみかぶらのみこと)を国造に定められた。

斐陀国造(ひだのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、尾張連の祖・瀛津世襲命(おきつよそのみこと)の子の大八椅命(おおやはしのみこと)を国造に定められた。

上毛野国造(かみつけののくにのみやつこ)
崇神朝の皇子・豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)の孫の彦狭嶋命(ひこさしまのみこと)が、はじめて東方の十二国を治め平らげて、国造に封ぜられた。

下毛野国造(しもつけののくにのみやつこ)
仁徳朝の御世に、もとはひとつだった毛野国を分けて、上毛野・下毛野とした。豊城命の四世孫の奈良別(ならわけ)をはじめて国造に定められた。

道奥菊多国造(みちのくのきくたのくにのみやつこ)
応神朝の御代に、建許侶命の子の屋主乃祢(やぬしのね)を国造に定められた。

道奥岐閉国造(みちのくのきへのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、建許侶命の子の宇佐比乃祢(うさひのね)を国造に定められた。

阿尺国造(あさかのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、阿岐国造と同祖・天湯津彦命(あまのゆつひこのみこと)の十世孫の比止祢命(ひとねのみこと)を国造に定められた。

思国造
成務朝の御世に、阿岐国造(あきのくにのみやつこ)と同祖の十世孫の志久麻彦(しくまひこ)を国造に定められた。

伊久国造(いくのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、阿岐国造と同祖の十世孫の豊嶋命(としまのみこと)を国造に定められた。

染羽国造(しめはのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、阿岐国造と同祖の十世孫の足彦命(たるひこのみこと)を国造に定められた。

浮田国造(うきたのくにのみやつこ)
成務朝に、崇神天皇の五世孫の賀我別王(かがわけのきみ)を、国造に定められた。

信夫国造(しのぶのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、阿岐国造と同祖・久志伊麻命(くしいまのみこと)の孫の久麻直(くまのあたい)を国造に定められた。

白河国造(しらかわのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、天から降った天由都彦命(あまのゆつひこのみこと)の十一世孫の塩伊乃己自直(しおいのこじのあたい)を国造に定められた。

石背国造(いわせのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、建許侶命の子の建弥依米命(たけみよりめのみこと)を国造に定められた。

石城国造(いわきのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、建許呂命を国造に定められた。

那須国造(なすのくにのみやつこ)
景行朝の御代に、建沼河命(たけぬなかわのみこと)の孫の大臣命(おおみのみこと)を国造に定められた。

科野国造(しなののくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、神八井耳命の孫の建五百建命(たけいほたつのみこと)を国造に定められた。

出羽国造(でわのくにのみやつこ)
元明朝の御世の和銅五年、陸奥・越後の二国から割いて、はじめてこの国を設置した。

若狭国造(わかさのくにのみやつこ)
允恭朝の御代に、膳臣(かしわでのおみ)の祖・佐白米命(さしろよねのみこと)の子の荒砺命(あらとのみこと)を国造に定められた。

高志国造(こしのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、阿閉臣(あべのおみ)の祖・屋主田心命(やぬしたごころのみこと)の三世孫の市入命(いちいりのみこと)を国造に定められた。

三国国造(みくにのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、宗我臣(そがのおみ)の祖・彦太忍信命(ひこふつおしのまことのみこと)の四世孫の若長足尼(わかなのすくね)を国造に定められた。

角鹿国造(つぬがのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、吉備臣の祖・若武彦命(わかたけひこのみこと)の孫の建功狭日命(たけいさひのみこと)を国造に定められた。

加我国造(かがのくにのみやつこ)
雄略朝の御代に、三尾君(みおのきみ)の祖・石撞別命(いわつくわけのみこと)の四世孫の大兄彦君(おおえひこのきみ)を国造に定められた。
孝徳朝の御代には、越前国に合併した。嵯峨朝の御世の弘仁十年に、越前国を割いて加賀国とした。

加宜国造(かがのくにのみやつこ)
仁徳朝の御世に、能登国造(のとのくにのみやつこ)と同祖の素都乃奈美留命(そつのなみるのみこと)を国造に定められた。

江沼国造(えぬまのくにのみやつこ)
反正朝の御世に、蘇我臣(そがのおみ)と同祖・武内宿祢(たけしうちのすくね)の四世孫の志波勝足尼(しはかつのすくね)を国造に定められた。

能等国造(のとのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、垂仁天皇の皇子・大入来命(おおいりきのみこと)の孫の彦狭嶋命(ひこさしまのみこと)を国造に定められた。

羽咋国造(はくいのくにのみやつこ)
雄略朝の御世に、三尾君の祖・石撞別命の子の石城別王(いわきわけのきみ)を国造に定められた。

伊弥頭国造(いみづのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、宗我(そが)と同祖・建内足尼(たけしうちのすくね)の孫の大河音足尼(おおかわとのすくね)を国造に定められた。

久比岐国造(くびきのくのにみやつこ)
崇神朝の御世に、大和直と同祖の御戈命(みほこのみこと)を国造に定められた。

高志深江国造(こしのふかえのくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、道君(みちのきみ)と同祖の素都乃奈美留命(そつのなみるのみこと)を国造に定められた。

佐渡国造
成務朝に、阿岐国造と同祖・久志伊麻命(くしいまのみこと)の四世孫の大荒木直(おおあらきのあたい)を国造に定められました。

丹波国造(たにはのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、尾張国造と同祖・建稲種命(たけいなだねのみこと)の四世孫の大倉岐命を国造に定められた。

丹後国司
元明朝の御世の和銅六年に、丹波国を割いて丹後国を設置した。

但遅馬国造(たじまのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、竹野君(たけののきみ)と同祖・彦坐王の五世孫の船穂足尼(ふなほのすくね)を国造に定められた。

二方国造(ふたかたのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、出雲国造と同祖・遷狛一奴命(うつしこまひとぬのみこと)の孫の美尼布命(みねふのみこと)を国造に定められた。

稲葉国造(いなばのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、彦坐王の子の彦多都彦命(ひこたつひこのみこと)を国造に定められた。

波伯国造(ははきのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、牟邪志国造と同祖・兄多毛比命の子の大八木足尼(おおやきのすくね)を国造に定められた。

出雲国造(いずものくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、天穂日命の十一世孫の宇迦都久努(うがつくぬ)を国造に定められた。

石見国造(いわみのくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、紀伊国造と同祖・蔭佐奈朝命(かげさなあさのみこと)の子の大屋古命(おおやこのみこと)を国造に定められた。

意岐国造(おきのくにのみやつこ)
応神朝の御代に、観松彦伊呂止命(みまつひこいろとのみこと)の五世孫の十埃彦命(とおあいひこのみこと)を国造に定められた。

針間国造(はりまのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、稲背入彦命(いなせいりひこのみこと)の孫の伊許自別命(いこじわけのみこと)を国造に定められた。

針間鴨国造(はりまのかものくにのみやつこ)
成務朝の御世に、上毛野君と同祖・御穂別命(みほのわけのみこと)の子の市入別命(いちりわけのみこと)を国造に定められた。

明石国造
応神朝の御世に、大倭直と同祖・八代足尼(やしろのすくね)の子の都弥自足尼(つみじのすくね)を国造に定められた。

美作国造(みまさかのくにのみやつこ)
元明朝の御世の和銅六年に、備前国を割いて美作国を設置した。

大伯国造(おおくのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、神魂命(かむむすひのみこと)の七世孫の佐紀足尼(さきのすくね)を国造に定められた。

上道国造(かみつみちのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、元からの領主・中彦命(なかひこのみこと)の子の多佐臣(たさのおみ)を、はじめて国造に定められた。

三野国造(みののくにのみやつこ)
応神朝の御世に、元からの領主・弟彦命(おとひこのみこと)を、次いで国造に定められた。

下道国造(しもつみちのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、元からの領主・兄彦命(えひこのみこと)、またの名を稲速別(いなはやわけ)を国造に定められた。

加夜国造(かやのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、上道国造と同祖で元からの領主の中彦命を、あらためて国造に定められた。

笠臣国造(かさのおみのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、元からの領主・鴨別命(かもわけのみこと)の八世孫の笠三枝臣(かさのさいぐさのおみ)を国造に定められた。

吉備中県国造(きびのなかつあがたのくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、神魂命の十世孫の明石彦(あかしひこ)を国造に定められた。

吉備穴国造(きびのあなのくにのみやつこ)
景行朝の御世に、和邇臣と同祖・彦訓服命(ひこくにぶくのみこと)の孫の八千足尼(やちのすくね)を国造に定められた。

吉備風治国造(きびのほむじのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、多遅麻君(たじまのきみ)と同祖・若角城命(わかつのきのみこと)の三世孫の大船足尼(おおふなのすくね)を国造に定められました。

阿岐国造(あきのくにのみやつこ)
成務朝に、天湯津彦命の五世孫の飽速玉命(あきはやたまのみこと)を国造に定められた。

大嶋国造
成務朝に、无邪志国造と同祖・兄多毛比命の子の穴委古命(あなわこのみこと)を国造に定められた。

波久岐国造(はくきのくにのみやつこ)
崇神朝に、阿岐国造と同祖・金波佐彦命(かなはさひこのみこと)の孫の豊玉根命(とよたまねのみこと)を国造に定められた。

周防国造(すおうのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、茨城国造と同祖・加米乃意美(かめのおみ)を国造に定められた。

都努国造(つぬのくにのみやつこ)
仁徳朝に、紀臣と同祖・都努足尼(つぬのすくね)の子の男嶋足尼(おしまのすくね)を国造に定められた。

穴門国造(あなとのくにのみやつこ)
景行朝の御世に、桜井田部連(さくらいのたべのむらじ)と同祖・迩伎都美命(にぎつみのみこと)の四世孫の速都鳥命(はやつどりのみこと)を国造に定められた。

阿武国造(あむのくにのみやつこ)
景行朝の御世に、神魂命の十世孫の味波波命(うましははのみこと)を国造に定められた。

紀伊国造(きいのくにのみやつこ)
神武朝の御世に、神皇産霊命(かむむすひのみこと)の五世孫の天道根命(あまのみちねのみこと)を国造に定められた。

熊野国造(くまののくにのみやつこ)
成務朝の御世に、饒速日命の五世孫の大阿斗足尼(おおあとのすくね)を国造に定められた。

淡道国造(あわじのくにのみやつこ)
仁徳朝の御世に、神皇産霊尊の九世孫の矢口足尼(やぐちのすくね)を国造に定められた。

粟国造(あわのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、高皇産霊尊の九世孫の千波足尼(ちはのすくね)を国造に定められた。

長国造(ながのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、観松彦色止命(みまつひこいろとのみこと)の九世孫の韓背足尼(からせのすくね)を国造に定められた。

讃岐国造(さぬきのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、景行天皇の子・神櫛王(かみくしのきみ)の三世孫の須売保礼命(すめほれのみこと)を国造に定められた。

伊余国造(いよのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、印幡国造と同祖・敷桁波命(しきたなはのみこと)の子の速後上命(はやのちのえのみこと)を国造に定められた。

久味国造(くみのくにのみやつこ)
応神朝に、神魂尊の十三世孫の伊与主命(いよぬしのみこと)を国造に定められた。

小市国造(おちのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、物部連と同祖・大新川命の孫の子致命(おちのみこと)を国造に定められた。

怒麻国造(ぬまのくにのみやつこ)
神功皇后の御代に、阿波国造と同祖・飽速玉命の三世孫の若弥尾命(わかみおのみこと)を国造に定められた。

風速国造(かざはやのくにのみやつこ)
応神朝に、物部連の祖・伊香色男命の四世孫の阿佐利(あさり)を国造に定められた。

都佐国造(とさのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、長阿比古(ながのあびこ)と同祖・三嶋溝杭命(みしまのみぞくいのみこと)の九世孫の小立足尼(おたちのすくね)を国造に定められた。

波多国造(はたのくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、天韓襲命(あまのからそのみこと)を神の教えによって国造に定められた。

筑志国造(つくしのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、阿倍臣と同祖・大彦命(おおひこのみこと)の五世孫の日道命(ひのみちのみこと)を国造に定められた。

筑志米多国造(つくしのめたのくにのみやつこ)
成務朝に、息長公(おきながのきみ)と同祖・稚沼毛二俣命(わかぬけふたまたのみこと)の孫の都紀女加命(つきめかのみこと)を国造に定められた。

豊国造(とよのくにのみやつこ)
成務朝の御代に、伊甚国造と同祖・宇那足尼(うなのすくね)を国造に定められた。

宇佐国造(うさのくにのみやつこ)
神武朝の御代に、高魂尊(たかみむすひのみこと)の孫の宇佐都彦命(うさつひこのみこと)を国造に定められた。

国前国造(くにさきのくにのみやつこ)
成務朝に、吉備臣と同祖・吉備都命の六世孫の午佐自命(うまさじのみこと)を国造に定められた。

比多国造(ひたのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、葛城国造と同祖・止波足尼(とはのすくね)を国造に定められた。

火国造(ひのくにのみやつこ)
崇神朝に、大分国造(おおきたのくにのみやつこ)と同祖・志貴多奈彦命(しきたなひこのみこと)の子の遅男江命(ちおえのみこと)を国造に定められた。

松津国造(まつつのくにのみやつこ)
仁徳朝の御世に、物部連の祖・伊香色雄命の孫の金連(かねのむらじ)を国造に定められた。

末羅国造(まつらのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、穂積臣と同祖・大水口足尼(おおみなくちのすくね)の孫の矢田稲吉命(やたのいなきちのみこと)を国造に定められた。

阿蘇国造(あそのくにのみやつこ)
崇神朝の御世に、火国造と同祖・神八井耳命(かむやいみみのみこと)の孫の速瓶玉命(はやみかたまのみこと)を国造に定められた。

葦分国造(あしきたのくにのみやつこ)
景行朝の御代に、吉備津彦命の子の三井根子命(みいねこのみこと)を国造に定められた。

天草国造(あまくさのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、神魂命の十三世孫の建嶋松命(たけしままつのみこと)を国造に定められた。

日向国造(ひむかのくにのみやつこ)
応神朝の御世に、豊国別皇子(とよくにわけのみこ)の三世孫の老男(おいお)を国造に定められた。

大隈国造(おおすみのくにのみやつこ)
景行朝の御世に隼人と同祖の初小(そお)を平定し、仁徳天皇の御代に伏布(ふしぬの)を長(おさ)として国造に定められた。

薩摩国造(さつまのくにのみやつこ)
景行朝に、薩摩の隼人らを討ち鎮めた。仁徳天皇の御代に、長をあらためて直とした。

伊吉嶋造(いきのしまのみやつこ)
継体朝に、磐井(いわい)に従った新羅の海辺の人を征伐し、天津水凝(あまつみずこり)の後裔の上毛布直(かみつけぬのあたい)を造とした。

津嶋県直(つしまのあがたのあたい)
神武朝に、高魂尊の五世孫の建弥己己命(たけみここのみこと)を、改めて直にした。

葛津立国造(ふじつのたちのくにのみやつこ)
成務朝の御世に、紀直と同祖・大名茅彦命(おおなかやひこのみこと)の子の若彦命(わかひこのみこと)を国造に定められた。

多褹嶋(たねのしま) (※ 以下脱文)

《 帝皇本紀   《もどる》