天璽瑞宝トップ > 先代旧事本紀の世界 > 現代語訳 > 巻第四 地祇本紀

 巻第四 地祇本紀

素戔烏尊(すさのおのみこと)が、天照太神(あまてらすおおみかみ)と共に誓約(うけい)をして、生じた三柱の神は、瀛津嶋姫命(おきつしまひめのみこと)、湍津嶋姫命(たぎつしまひめのみこと)、市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

素戔烏尊の行いはいいようがないほどで、八十万の諸神は、千座の置戸の罰を科して追放した。
素戔烏尊は、その子である五十猛神(いたけるのかみ)を率いて、新羅の曽尸茂梨(そしもり)のところに天降られた。そこで不満の言葉をいわれた。
「この地には、私は居たくないのだ」

ついに土で船を造り、それに乗って東へ渡り、出雲国の簸(ひ)川の川上で安芸国の可愛川(えのかわ)の川上にある、鳥上の峰についた。
素戔烏尊が出雲国の簸川の川上の、鳥髪というところにおいでになったとき、その川上から箸が流れ下ってきた。素戔烏尊は、人がその川上に住んでいるとお思いになって、たずね捜して上って行くと、川上から泣き声が聞こえてきた。そこで、声の主を探して行き上ると、一人の翁と媼が真中にひとりの少女をおいて泣いていた。

素戔烏尊が尋ねて仰せられた。
「お前たちは誰だ。どうしてこのように泣いているのか」
翁は答えて申しあげた。
「私は国つ神です。名は脚摩乳(あしなづち)、妻は手摩乳(てなづち)といいます。この童女は私の子で、名を奇稲田姫(くしなだひめ)といいます。泣いているわけは、以前私どもには八人の娘がおりましたが、高志の八岐(やまた)の大蛇(おろち)が毎年襲ってきて、娘を喰ってしまいました。今、残ったこの娘が呑まれようとしています。それで悲しんでいるのです」
素戔烏尊はお尋ねになった。
「その大蛇はどんな形をしているのか」
答えて申しあげた。
「大蛇は、一つの胴体に八つの頭と尾がそれぞれ八つに分かれてあります。眼は赤酸漿(あかほおずき)のようで、その体には、蔦や松、柏、杉、檜が背中に生え、長さは八つの谷と八つの山にわたっておりました。その腹を見ると、一面にいつも血がにじんで爛れています」

素戔烏尊はその老夫に仰せられた。
「そのお前の娘を、私に献じぬか」
答えて申しあげた。
「恐れ入ります。しかしお名前を存じません」
素戔烏尊が仰せになった。
「私は天照太神の弟である。今、天から降ってきたところだ」
そこで答えて申しあげた。
「仰せのままにいたします。どうかまず、あの大蛇を殺して、それから召されたらよいでしょう」

素戔烏尊は、たちまちに奇稲田姫を湯津爪櫛へと変えて、御髻(みずら)にお挿しになった。
そして、脚摩乳と手摩乳によく醸した酒を八つの甕に用意させ、また垣を作り廻らせて、その垣に八つの門を作り、八つの桟敷を作った。それぞれに槽ひとつを置き、酒を盛らせた。

そのように、ご命令のままに準備をして待ち受けているとき、八岐の大蛇が脚摩乳の言うとおり八つの丘、八つの谷の間を這ってやって来た。
素戔烏尊は、大蛇に仰せられた。
「あなたは恐れ多い神です。おもてなし申しあげよう」
そこで八つの甕の酒を、八つの頭ごとに得て、大蛇は酔って眠り伏してしまった。
素戔烏尊は、腰に帯びていた十握(とつか)の剣を抜いて、その蛇をずたずたに斬った。蛇は八つに斬られ、斬られた部分ごとに雷となった。その全ての八つの雷は飛び上がって天に昇った。これは神異のはなはだしいものである。

簸川の水は赤い血となって流れた。
その大蛇の尾を斬ったとき、剣の刃が少し欠けた。そこで、その尾を割いてご覧になると、中に一つの剣があった。名を天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)という。大蛇がいる上には常に雲があったので、そう名づけられた。
素戔烏尊は仰せられた。
「これは不思議な剣だ。私はどうして私物にできようか」
そうして、五世孫の天葺根神(あまのふきねのかみ)を遣わして、天上に献上された。
のちに、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征をされたとき、その剣を名づけて草薙剣(くさなぎのつるぎ)といった。今、尾張国の吾湯市村(あゆちのむら)にある。すなわち、熱田神社でお祀りしている神である。

また、その蛇を斬った剣は今、吉備の神部のところにある。出雲の簸川の川上にやって来て、大蛇を斬った剣はこれである。
または、蛇を斬った剣の名は、蛇の麁正(あらまさ)という。今、石上神宮にある。

素戔烏尊は先に行かれ、結婚によい所をお探しになり、ついに出雲の清(すが)の地に着かれた。また、須賀須賀斯(すがすがし)ともいう。そうして仰せになった。
「私の心はすがすがしい」
そこで宮を建てられた。
このとき、その地から盛んに雲が立ちのぼったので、御歌を作られた。

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣は」
(盛んに湧きおこる雲が、八重の垣をめぐらす。新妻をこもらせるために、八重の垣をめぐらすことよ、あの八重垣は)

そうして結婚して妃とされた。生まれた子が大己貴神(おおなむちのかみ)である。
大己貴神のまたの名を八嶋士奴美神(やしましぬみのかみ)、またの名を大国主神(おおくにぬしのかみ)、またの名を清之湯山主三名狭漏彦八嶋篠(すがのゆやまぬしみなさろひこやしましの)、またの名を清之繋名坂軽彦八嶋手命(すがのかけなさかかるひこやしまでのみこと)、またの名を清之湯山主三名狭漏彦八嶋野(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまぬ)という。
素戔烏尊が仰せになった。
「わが子の宮の首長は、脚摩乳と手摩乳である」
そして、名をこの二神に与えた。稲田宮主神(いなだのみやぬしのかみ)という。
出雲国にいらっしゃる神がこれである。

また、大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘の神大市姫(かむおおいちひめ)を娶って、二柱の神をお生みになった。子は大年神(おおとしのかみ)、次に稲倉魂神(うかのみたまのかみ)である。

素戔烏尊は仰せられた。
「韓国の島には金銀がある。もしわが子の治める国に、舟がなかったらよくないだろう」
そこで、髭を抜いて放つと松の木になった。
また、胸毛を抜いて放つと檜になった。
また、眉毛を抜いて放つと樟の木になった。
また、尻の毛を抜いて放つと槙の木になった。
また、その用途を決められていわれた。
「杉と樟、この二つの木は舟をつくるのがよい。また、檜は宮殿を造る木にするのがよい。また、槙は現世の人民の寝棺を作るのによい。そのための沢山の木の種子を皆蒔こう」

素戔烏尊は、熊成峯(くまなりのみね)においでになって、ついに根の国にお入りになった。

子の五十猛神は天降られるときに、沢山の樹の種や、子供たちが食べるための種を、韓国には植えないで、すべて持ち帰り、筑紫からはじめて大八州の国中に蒔き増やして、青山にならないところはなかった。
このため五十猛命は有功の神とされる。紀伊国にいらっしゃる大神がこれである。
ある説には、素戔烏尊の子の名は五十猛命という。妹は大屋姫命(おおやひめのみこと)、次に抓津姫命(つまつひめのみこと)である。この三神がよく沢山の種を蒔いた。そして紀伊国に渡られた。この国にお祀りしている神がこれである。


大己貴神は国を平らげ、出雲国の御大(みほ)の御崎に行かれて、食事をされようとした。このとき、海上ににわかに人の声がして、驚いて探したが、まったく見えるものがなかった。
このとき、波頭の上から天の羅摩船(かがみのふね)に乗った、一人の小人がいた。蘿藦(ががいも)、の皮で船をつくり、鷦鷯(みそさざい)の羽を衣にし、また鵞の皮を剥いて衣服として、潮水にゆられて、大己貴命のところへ漂ってきた。
大己貴命が拾って手のひらにのせ、これをもてあそんでいると、跳ねて頬に噛みついた。

そこでそのかたちをあやしんで、名を尋ねたが、答えなかった。また、お伴に従っている神々に尋ねても、みな「知りません」といった。
そのとき、多迩具久(たにぐぐ:ひきがえる)が申しあげていった。
「これは久延彦(くえびこ)がきっと知っているでしょう」
すぐさま久延彦を呼んでお尋ねになると、答えていった。
「これは、神皇産霊神(かみむすひのかみ)の御子の少彦名神です」

そこで、その天神にこのことを申しあげると、神皇産霊尊はこれをお聞きになっていわれた。
「私が生んだ子は合わせて千五百ほどある。そのなかの一人の子で、もっとも悪く教えに従わない子がいた。指の間からもれ落ちたのは、きっと彼だろう。だから、あなた葦原色男(あしはらのしこお)の兄弟として可愛がってくれ」
これが少彦名命である。

その少彦名神であることを顕し申しあげた、いわゆる久延彦は、今では山田の曽富騰(そほど)という神である。この神は、自分で赴くことはないけれども、ことごとく天下のことを知っている神である。

大己貴神と少彦名神とは、力を合わせ、心を一つにして天下を造られた。
また、現世の人民と家畜のためには、病気治療の方法を定めた。また、鳥獣や昆虫の災いを除くために、まじないの法を定めた。
このため人民は、今に至るまでその恵みを受けている。

大己貴神が少彦名神に語って仰せられた。
「われらが造った国は、よく出来たといえるだろうか」
少彦名命は答えていった。
「あるいはよく出来たところもあるけれど、あるいは不出来のところもある」
この会話は、思うに深いわけがあるようである。

その後、少彦名命は熊野の御崎に行かれて、ついに常世の国へ去られた。また、淡嶋に行って粟茎によじのぼり、弾かれて常世の郷に行かれたともいう。

大己貴命は、はじめは少彦名命と二柱で葦原の中国にいらっしゃった。国は水母(くらげ)のように浮き漂っていたが、造り名づけることをついに終わらせた。
少彦名命が常世に行かれて後、国の中でまだ出来あがらないところを、大己貴命は一人でよく巡り造られた。

ついに出雲国の五十狭々の小浜に至って、揚言(ことあげ)して仰せられた。
「そもそも葦原の中国は、もとから荒れて広いところだった。岩石や草木に至るまで、すべて強かった。けれども私が皆くだき伏せて、今は従わない者はいない」
そして、これによって仰せになった。
「今この国を治めるものは、ただ私一人のみである。その私と、共に天下を治めることができる者が他にあるだろうか」

そのとき、不思議な光が海を照らし、忽然と波の上におどり出て、白装束に天の蕤槍を持ち、やって来ていった。
「もし私がいなかったら、あなたはどうしてこの国を平らげることができたでしょうか。もし私が無ければ、どうして国を造り堅めることができて、大きな国を造る功績を立てることができたでしょうか」

大己貴命は尋ねて仰せられた。
「あなたは何者ですか。名を何というのですか」
答えていった。
「私はあなたの幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)・術魂(じゅつみたま)の神です」
大己貴命は仰せになった。
「わかりました。あなたは私の幸魂・奇魂です。今どこに住みたいと思われますか」
答えていった。
「日本(やまと)国の青垣の三諸山(みもろやま)に住みたいと思います」

大倭国の城上郡に鎮座される神がこれである。そのため、神の願いのままに、青垣の三諸山にお祀りしました。そして宮をそこに造って、行き住まわせた。
これが大三輪(おおみわ)の大神である。
その神の子孫は、甘茂君(かものきみ)、大三輪君らである。

大己貴神は、天の羽車である大鷲に乗って、妻となる人を探し求めた。茅渟県(ちぬのあがた)に降って行き、大陶祇(おおすえつみ)の娘の活玉依姫(いくたまよりひめ)を妻として、かよった。
人に知られずに通っているうちに、娘は身ごもった。このとき娘の父母は疑いあやしんで尋ねた。
「誰が来ているのか」
娘は答えていった。
「不思議な人の姿で来られます。家の上から降りて入っていらっしゃって、床をいっしょにするだけです」

父母は、その神人が何者なのかを明らかにしようと思い、麻をつむいで糸をつくり、針で神人の衣の裾につけた。
そうして翌朝、糸にしたがって求めて行ったところ、鍵穴をこえて、茅渟山を経て吉野山に入り、三諸山に留った。そのため、神人が三輪山の大神であることがわかった。
その糸の残りを見ると、ただ三つの輪だけ残っていた。そこで、三諸山を三輪山と名づけて、大三輪神社という。


大己貴神(おおなむじのかみ)の兄には、事八十神(ことやそがみ)がおられた。その八十神が、この国を大己貴神に譲ったわけは、兄弟二神がそれぞれ稲羽の八上姫(やがみひめ)に求婚しようと思う心があった。共に稲羽に出かけたとき、大己貴神には袋を背負わせて、従者として連れて行った。

ところが気多(けた)の岬にやってきたときに、丸裸になった兎が横たわっていた。
兄の事八十神がその兎にいった。
「お前がその体を直すには、この海の潮水を浴びて、風の吹くのにあたって、高い山の上で寝ていなさい」
兎は八十神の教えのままに、山の上で横になった。すると浴びた海水が乾くにつれて、兎の体の皮膚はすっかり風に吹かれて裂けてしまった。

そのため、兎は痛み苦しんで、泣き伏していると、神の最後にやってきた大穴牟遅神[大己貴神]が、兎を見て仰せられた。
「どういうわけで、お前は泣き伏しているのか」

兎は答えていった。
「私は於岐(おき)の嶋にいて、この地に渡りたいと思いましたが、渡る方法がありませんでした。そこで、海にいる鰐(和迩:わに)をだまして、“私とお前とくらべて、どちらの同族が多いかを数えたいと思う。だからお前はその同族を、ありったけ全部連れてきて、この島から気多の岬まで、みな一列に並んで伏せていてくれ。そうしたら、私がその上を踏んで、走りながら数えて渡って、私の同族とどちらが多いかを知ることにしよう”と、このようにいいました。そして鰐がだまされて並んで伏しているとき、私はその上を踏んで、数えながら渡って来て、今まさに地上におりようとするとき、私が、“お前は私にだまされたんだよ”といい終わるやいなや、一番端に伏していた鰐が私を捕らえて、私の着物をすっかり剥ぎ取りました。そのために泣き悲しんでいたところ、先に行った事八十神がおっしゃるには、“潮水を浴びて、風にあたって寝ていろ”とお教えになりました。それで教えのとおりにしましたら、私の体は全身傷だらけになりました」

大己貴神はその兎に教えて仰せになった。
「今すぐに、この河口に行って、真水でお前の体を洗って、その河口の蒲(がま)の穂を取って敷き散らし、その上に寝ころがれば、お前の体はもとの膚のようにきっと治るだろう」
それで教えのとおりにしたところ、兎の体は元どおりになった。この兎を今、稲羽の素兎(しろうさぎ)という。今の兎神がこれである。

このときその兎は、大己貴神に申しあげていった。
「八十神は、きっと八上姫を娶ることができないでしょう。袋を背負ってはおられますが、あなた様が娶られるでしょう」

求婚を受けた八上姫は八十神に答えていった。
「私はあなた達の言うことは聞きません。大己貴神と結婚します」

これを聞いた事八十神は、大己貴神を殺そうと思い、みなで相談して伯耆国の手向山(たむきやま)のふもとにやって来ていった。
「赤い猪がこの山にいる。我らがいっせいに追いおろしたら、お前は下で待ち受けて捕らえなさい。もし待ち受けて捕らえなかったら、きっとお前を殺すぞ」
こういって、火を使い猪に似た大石を焼いてころがし落した。そこで、追いおろしたのを捕らえようとしたので、大己貴神はその石に焼きつかれて、死んでしまった。

これを知った大己貴神の御親神は、泣き憂いて天に上り、神皇産霊尊(かみむすひのみこと)に救いを請うた。神皇産霊尊は、黒貝姫(くろがいひめ)と蛤貝姫命(うむがいひめのみこと)とを遣わして、蘇生させた。
すなわち、黒貝姫は貝を削って粉にして集めて、蛤貝姫はこれを待ち受けて、母乳の汁を塗ったところ、立派な男子となって出て行かれた。

ところが事八十神はまた、大己貴神をあざむいて山に連れ込み、大木を切り倒し、楔をその木に打って、その割れ目に入らせるやいなや、楔を引き抜いて打ち殺してしまった。
そこでまた、御親神が泣きながら大己貴神を捜したところ、見つけ出すことができて、ただちにその木を折って取り出して復活させた。

御親神は、その子である大己貴神に告げて仰せになった。
「あなたはここにいたら、ついには八十神によって滅ぼされてしまう」
そこで、すぐに紀国の大屋彦神(おおやひこのかみ)のもとにお遣わしになった。
ところが、八十神は捜し求めて追いかけて来て、矢で射て大己貴神を殺そうとしたので、木の股をくぐって逃れた。

御親神は、子神に告げて仰せられた。
「速素戔烏尊(はやすさのおのみこと)のいらっしゃる、根の堅州国(かたすくに)へ行きなさい。きっとその大神がよいように図ってくださるでしょう」

そこで、その仰せに従って、素戔烏尊のもとにやって来ると、その娘の須勢理姫命(すせりひめのみこと)が出て、大己貴神とお互いに目を見かわし結婚なさって、御殿の中に戻って、その父神に、申しあげた。
「とても素敵な神がおいでになりました」
そこで大神は出て、大己貴神を見て仰せられた。
「この者は、葦原色許男(あしはらのしこお)という神だ」
そうして呼び入れて、蛇のいる室に寝させた。

このとき、その妻の須勢理姫命は、蛇の比礼を夫に授けていった。
「蛇が噛みつこうとしたら、この比礼を三度振って、打ちはらってください」
そこで、教えられたとおりにしたところ、蛇は自然と鎮まったので、やすらかに眠ってその室を出ることができた。

また、翌日の夜は、蜈蚣と蜂のいる室にお入れになった。
今度も蜈蚣と蜂の比礼を授けて、前のようにした。そのため、無事に出られた。

また、鏑矢を広い野の中に射込んで、その矢を拾わせた。
そこでその野に入ったとき、ただちに火を放ってその野を周りから焼いた。出る所がわからず困っていると、鼠がやって来て、
「内は広く、外はすぼまってます」
と、このようにいった。
そこで、そこを踏んだところ、下に落ち込んで、穴に隠れ入っている間に、火は上を焼け過ぎていった。
そしてその鼠は、その鏑矢をくわえて出てきて大己貴神に献じた。その矢は鼠の子どもが皆食いちぎっていた。

須勢理姫命は、葬式の道具を持って泣きながら来て、父の大神は大己貴神がすでに死んだと思って、その野に出で立たれた。
ところがこうして、大己貴神は矢を持って大神に奉ったので、家の中に連れて入って、広い大室に呼び入れて、その頭の虱を取らせた。
そこでその頭を見ると、蜈蚣がたくさんいた。このとき妻の須勢理姫命は、椋の実と赤土を取ってその夫に与えた。
そこで、その木の実を食い割って、赤土を口に含んで唾をはき出されると、素戔烏の大神は蜈蚣を噛み砕いて、吐き出しているのだとお思いになって、心の中でかわいい奴だと思って、眠ってしまわれた。

このとき大己貴神は、素戔烏尊の髪をつかんで、室の垂木ごとに結びつけて、五百引の大岩をその室の戸口に据えて塞いでしまった。そしてその妻の須勢理姫命を背負い、ただちに大神の権威の象徴である生大刀(いくたち)と生弓矢、および天の詔琴を持って逃げ出されるとき、その天の詔琴が樹に触れて、大地が鳴り動くような音がした。
そのため、眠っておられた大神が、この音を聞いて驚き目を覚まし、その室を引き倒してしまわれた。けれども、垂木に結びつけた髪を解いておられる間に、大己貴神は遠くへ逃れて行った。

そこで、素戔烏尊は黄泉平坂(よもつひらさか)まで追いかけて来て、はるか遠くに大己貴神と娘の姿を望み見て、大声で呼びかけて仰せられた。
「お前が持っているその生大刀・生弓矢で、お前の腹違いの兄を坂のすそに追い伏せ、また川の瀬に追い払え。お前が大国主(おおくにぬし)の神となり、また顕見国主(うつしくにぬし)の神となって、その私の娘・須勢理姫を正妻として、宇迦の山のふもとに太い宮柱を深く掘り立て、空高く千木をそびやかした宮殿に住め。こやつめ」
そこで、その大刀と弓でもって、八十神を追いやられるとき、坂のすそごとに追い伏せ、川の瀬ごとに追い払って、国つくりを始められた。

八上姫は大己貴神のもとへ連れて来られたけれども、その本妻の須勢理姫を恐れて、生んだ子は木の股にさし挟んで帰られた。
それでその子を名づけて木俣神(きまたのかみ)といい、またの名を御井神(みいのかみ)という。

大己貴命が、高志国の沼河姫(ぬなかわひめ)に求婚しようとして、お出かけになったとき、その沼河姫の家に着いて、云々とそのように歌われた。
杯をかわして、お互いに首の手をかけあって、現在に至るまで鎮座しておられる。これを神語(かむがたり)という。


素戔烏尊(すさのおのみこと)
この尊が天照大神(あまてらすおおみかみ)と共に誓約(うけい)して、そのために生まれた三柱の娘は、「あなたの子にしなさい」と天照大神が仰せになった。

名は田心姫命(たごりひめのみこと)。またの名を奥津嶋姫命(おきつしまひめのみこと)、または瀛津嶋姫命(おきつしまひめのみこと)で、宗像(むなかた)の奥津宮に鎮座されている。これが遠い沖の島にいらっしゃる神である。
次に、市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)。または佐依姫命(さよりひめのみこと)、または中津嶋姫命(なかつしまひめのみこと)といい、宗像の中津宮に鎮座されている。これが中間の島にいらっしゃる神である。
次に、湍津嶋姫命(たぎつしまひめのみこと)。またの名を多岐都姫命(たぎつひめのみこと)、またの名を辺津嶋姫命(へつしまひめのみこと)といい、宗像の辺都宮(へつみや)に鎮座されている。これが海浜にいらっしゃる神である。

以上の三神は、天照大神がお生みになった三柱の女神で、
「これはあなたの子だ」
とされたため、素戔烏尊に授けて、葦原の中国に天降らせた。
筑紫国の宇佐嶋(うさのしま)に降られて、北の海の道中にあって、その名は道中貴(みちなかむち)という。
それでこの神に教えて仰せられた。
「天孫をお助けして、天孫のために祀られなさい」
すなわち、宗像君がお祀りしているところである。また、水沼君(みぬまのきみ)も同じくこの三神をお祀りするという。
宗像君の斎き祀る三前(みさき)の大神である。

素戔烏尊の子の次は、五十猛神(いたけるのかみ)である。[または大屋彦神(おおやひこのかみ)という]
次に、大屋姫神(おおやひめのかみ)
次に、抓津姫神(つまつひめのかみ)
以上の三柱の神は、紀伊国に鎮座されている。すなわち、紀伊国造が斎き祀る神である。

次に、事八十神(ことやそのかみ)
次に、大己貴神(おおなむちのかみ)。倭国城上郡の大三輪神社に鎮座されている。
次に、須勢理姫神(すせりひめのかみ)[大三輪大神の嫡后である]。
次に、大年神(おおどしのかみ)
次に、稲倉魂神(いねくらのみたまのかみ)[または宇迦能御玉神(うがのみたまのかみ)という]。
次に、葛木一言主神(かずらきのひとことぬしのかみ)[倭国葛木上郡に鎮座されている]。

素戔烏尊の子、大己貴神。
またの名を、大国主神(おおくにぬしのかみ)、または大物主神(おおものぬしのかみ)という。
または、国造大穴牟遅命(くにつくりしおおなむぢのみこと)という。
または、大国玉神(おおくにたまのかみ)という。または、顕見国玉神(うつしみくにたまのかみ)という。
または、葦原醜雄命(あしはらのしこおのみこと)という。または、八千矛神(やちほこのかみ)という。
これら八つの名がある。

その大己貴神の子は、合わせて百八十一柱の神がいらっしゃる。
まず、宗像の奥都嶋にいらっしゃる神の田心姫命を娶って、一男一女をお生みになった。
子の味鉏高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)は、倭国葛木郡の高鴨社に鎮座されている。捨篠社(すてすすのやしろ)ともいう。
味鉏高彦根神の妹は下照姫命。倭国葛木郡の雲櫛社に鎮座されている。

次に、辺都宮にいらっしゃる高津姫神(たかつひめのかみ)を娶って、一男一女をお生みになった。
子の都味歯八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)は、倭国高市郡の高市社(たけちのやしろ)に鎮座されている。または甘南備飛鳥社(かんなびのあすかのやしろ)という。
都味歯八重事代主神の妹は高照光姫大神命(たかてるひめのおおかみのみこと)。倭国葛木郡の御歳(みとし)神社に鎮座されている。

次に、稲羽の八上姫(やがみひめ)を娶って、一人の子をお生みになった。
子の御井神(みいのかみ)。またの名を木俣神(こまたのかみ)

次に、高志(こし)の沼河姫(ぬなかわひめ)を娶って、一男をお生みになった。
子の建御名方神(たけみなかたのかみ)は、信濃国諏方郡の諏方(すわ)神社に鎮座されている。

素戔烏尊の孫、都味歯八重事代主神。
大きな熊鰐となって、三嶋溝杭(みしまのみぞくい)の娘・活玉依姫(いくたまよりひめ)のもとへ通い、一男一女をお生みになった。
子の天日方奇日方命(あまひかたくしひかたのみこと)
この命は、神武朝(橿原朝)の御世に詔を受けて、政事を行う大夫となり、お仕え申しあげた。
天日方奇日方命の妹の姫鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)
この命は、神武朝に皇后となり、二人の子をお生みになった。すなわち、神渟河耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと:綏靖天皇)と、次に彦八井耳命(ひこやいみみのみこと)がこれである。
次の妹の五十鈴依姫命(いすずよりひめのみこと)
この命は、綏靖朝に皇后となり、一人の子をお生みになった。すなわち、磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと:安寧天皇)である。

三世孫、天日方奇日方命。またの名は阿田都久志尼命(あたつくしねのみこと)
この命は、日向の賀牟度美良姫(ひむかのかむとみらひめ)を娶って、一男一女をお生みになった。
子は建飯勝命(たけいいかちのみこと)
建飯勝命の妹の渟中底姫命(ぬなそこひめのみこと)
この命は、安寧天皇のときに皇后となり、四人の子をお生みになった。すなわち、大日本根子彦耜友天皇(おおやまとねこひこすきとものすめらみこと:懿徳天皇)。次に常津彦命(とこつひこのみこと)。次に磯城津彦命(しきつひこのみこと)。次に研貴彦友背命(たきしひこともせのみこと)

四世孫、建飯勝命。
この命は、出雲臣の娘・沙麻奈姫(さまなひめ)を娶り、一男をお生みになった。

五世孫、建甕尻命(たけみかじりのみこと)。またの名は建甕槌命(たけみかつちのみこと)、または建甕之尾命(たけみかのおのみこと)。
この命は、伊勢の幡主の娘・賀貝呂姫(がかいろひめ)を妻として、一男をお生みになった。

六世孫、豊御気主命(とよみけぬしのみこと)。またの名を建甕依命(たけみかよりのみこと)
この命は、紀伊の名草姫(なくさひめ)を妻として、一男をお生みになった。

七世孫、大御気主命(おおみけぬしのみこと)
この命は、大倭国の民磯姫(たみいそひめ)を妻として、二男をお生みになった。

八世孫、阿田賀田須命(あたがたすのみこと)
和迩君(わにのきみ)たちの祖である。
次に、弟の建飯賀田須命(たけいいがたすのみこと)
この命は、鴨部(かもべ)の美良姫(みらひめ)を妻として、一男をお生みになった。

九世孫、大田々祢古命(おおたたねこのみこと)。またの名は大直祢古命(おおただねこのみこと)
この命は、出雲の神門臣の娘・美気姫(みけひめ)を妻として、一男をお生みになった。

十世孫、大御気持命(おおみけもちのみこと)
この命は、出雲の鞍山祇姫(くらやまつみひめ)を妻として、三男をお生みになった。

十一世孫、大鴨積命(おおかもつみのみこと)
この命は、崇神朝(磯城瑞垣朝)の御世に賀茂君(かものきみ)の姓を賜った。
次に、弟の大友主命(おおともぬしのみこと)
この命は、同じ崇神朝に大神君(おおみわのきみ)の姓を賜った。
次に、田々彦命(たたひこのみこと)
この命は、同じ崇神朝に神部直(かむべのあたい)・大神部直の姓を賜った。

素戔烏尊の子の次として、大年神。
この神の御子は、合わせて十六柱の神がいらっしゃる。

まず、須沼比神(すぬまひのかみ)の娘の伊怒姫(いぬひめ)を娶り妻として、五柱の子をお生みになった。
子の大国御魂神(おおくにみたまのかみ)は、大和(おおやまと)の神である。
次に、韓神(からかみ)
次に、曽富理神(そほりのかみ)
次に、白日神(しらひのかみ)
次に、聖神(ひじりのかみ)

次に賀用姫(がよひめ)と娶り妻として、二児をお生みになった。
子の大香山戸神(おおかやまとのかみ)
次に、御年神(みとしのかみ)

次に天知迦流美豆姫(あまのちかるみづひめ)を娶り妻として、九児をお生みになった。
子の奥津彦神(おきつひこのかみ)。次に、奥津姫神(おきつひめのかみ)。この二神は、皆が拝み祀っている竈の神である。
次に、大山咋神(おおやまくいのかみ)。この神は、近淡海の比叡山に鎮座されている。また、葛野郡の松尾にいらっしゃる、鏑矢を持たれる神である。
次に、庭津日神(にわつひのかみ)
次に、阿須波神(あすはのかみ)
次に、波比岐神(はひきのかみ)
次に、香山戸神(かやまとのかみ)
次に、羽山戸神(はやまとのかみ)
次に、庭高津日神(にわたかつひのかみ)
次に、大土神(おおつちのかみ)、またの名を土之御祖神(つちのみおやのかみ)

次に、大年神の子として羽山戸神。
合わせて八柱の御子がいらっしゃる。

大気都姫神(おおげつひめのかみ)を妻として、八柱をお生みになった。
子の若山咋神(わかやまくいのかみ)
次に、若年神(わたとしのかみ)
妹の若沙那売神(わかさなめのかみ)
次に、弥豆麻岐神(みづまきのかみ)
次に、夏高津日神(なつたかつひのかみ)、またの名を夏之女神(なつのめかみ)
次に、秋比女神(あきひめのかみ)
次に、冬年神(ふゆとしのかみ)
次に、久久紀若室葛根神(くくきわかむろかづらねのかみ)

《天神本紀   《もどる》   天孫本紀》