天璽瑞宝トップ > 所縁の史跡 > 難波奥谷古墳

難波奥谷古墳 [地図]

愛媛県松山市(旧北条市)庄の、難波奥の谷古墳です。
国津比古命神社からは、北東に1kmほどの場所にあります。

南東に開口する横穴式石室を主体部として持ちます。
現地案内板によると、石室の全長は12m、玄室の長さ6m、玄室の幅2.1m。

奥壁や天井に大型の石材が使われていました。
墳形は不明ですが、円墳と推測されているようです。

石室が斜めに潰れかかっているので本来は立入り禁止らしいのですが、内部の小祠は線香が焚かれ、地元の方が毎日お祀りしている様子でした。

 

鎌大師古墳 [地図]

松山市下難波甲の鎌大師古墳です。
大師堂の敷地内にあり、上写真のようにブロック塀ギリギリに石室が開口します。

十八人塚とも呼ばれるようで、南北朝時代に恵良山に拠った赤橋重時主従が、自刃して葬られたという伝説を持つらしいです。

《天璽瑞宝》  《もどる》