天璽瑞宝トップ > 所縁の史跡 > 岐多志太神社

岐多志太神社 [地図]

奈良県田原本町伊与戸に鎮座する、岐多志太神社です。
周りを田畑に囲まれた、小さなお社です。

『延喜式』神名帳の大和国城下郡に、「岐多志太神社」が見えます。

祭神には、天香山命と、天児屋根命とをあてる説があります。

『大和志料』は聞書覚書を引き、伊与戸の地名について、もとは伊与部で「物部印葉の弟・伊与は伊与戸氏の祖なり」とします。
北に隣接する「大木」についても、「十市根より四世・布都久留命一男は大木連、大木氏祖…」として、物部氏に関係する地名であるといいます。

この神社も、「所謂鍛治師氏亦物部氏にして大木氏と同族なれば、岐多志太は鍛治師団(きたしだ)の仮字ならんか」とされます。

物部鍛治師連公は、『旧事本紀』天孫本紀にその名が見えます。
宇摩志麻治命の十一世孫、物部真椋連公の弟で、鏡作小軽馬連らの祖といいます。一帯は、城下郡鏡作郷に含まれるとも考えられています。

鍛治師は「かぬち」「かじし」のほか、「きたし」の読みがされています。

境内から鳥居の向こうに、二上山がみえました…

《天璽瑞宝》  《もどる》