天璽瑞宝トップ > 所縁の史跡 > 吉吾鼻古墳

吉吾鼻古墳 [地図]

香川県三豊市詫間町大浜伊砂子にある岬、吉吾鼻。吉吾鼻古墳は、詫間湾に突き出したこの岬の上にあります。

長径7.7mの、やや歪んだ形の円墳です。
古墳時代中期に築かれたと見られています。

現状は木が邪魔で見はらしはよくないですが、周囲を崖に囲まれて高さのある立地からは、瀬戸内海と対岸の島々をよく眺められます。

詫間湾は水深が深く、波浪を避けるのにも便利な天然の良港として知られます。
海を睥睨するかのようなこの古墳。被葬者も、水上交通で活躍していた人だったのでしょうか。

讃岐国三野郡詫間郷は、『旧事本紀』天神本紀にみえる「讃岐三野物部」の故地でもあります。

東へ9mほどのところには、墳丘が流出して組合わせ箱式石棺だけ残ったものがありました。かつては数基で群を成していたようです。

 

船越神社境内古墳 [地図]

三豊市詫間町大浜船越に鎮座する船越八幡神社。

社伝には、神亀元年の創建を称するそうです。神が船に乗って海岸に着いて、ここで祀られるようになったことから、地名も船越とされたと伝えます。

境内社に金比羅神社があります。祭神は大物主神…ではなくて、大国魂命とされていました。

この境内社が、船越神社境内古墳の上に建っています。

《天璽瑞宝》  《もどる》