天璽瑞宝トップ > 所縁の史跡 > 須波伎部神社

須波岐部神社 [地図]

京都府綾部市物部町横椽に鎮座する、須波岐部神社です。

『延喜式』神名帳の丹波国何鹿郡に、「須波伎部神社」が見えます。

神社の創建は、社伝によると大同二(807)年とされています。

鎮座地一帯は、『和名抄』にある丹波国何鹿郡「物部郷」に比定されます。

『三代実録』の貞観十一年十二月八日条には、丹波国の正六位上物部簀掃(すはき)神が、従五位下の神階へ昇叙したことが見えます。

祭神は大日孁貴尊とされています。

物部郷内に物部簀掃神として奉斎されていたものですから、本来は物部氏に縁故の神が祀られていたと考えられます。

『式内社調査報告』は、簀掃を掃部のことと解釈し、宮中とのつながりを想定します。

木造流造の本殿は、社伝によると、元和九(1623)年の建立だそうです。

神社から西400mほどの丘陵上には、全長35.5mの前方後円墳、須波伎東古墳があります。このほか一帯には石塚古墳群など、未調査のものがほとんどながら古墳が多く、早くに開けた地だったことがわかります。

写真は、本社の左隣りにある、摂社の広峯神社です。
兵庫県の広峯神社から勧請されたもので、祭神は素盞鳴尊。

境内摂社の天満宮(菅原道真公)と太田神社(倉稲魂神)。
本社からは一段低いところに位置します。

境内の一角に、神宮寺だった中谷山天慈院の薬師如来坐像が安置されています。
室町時代中期を下らないものかといわれています。

背後の山々の緑も美しい神社は、高台に位置し、集落や田畑を見守るかのような風情がありました。

《天璽瑞宝》  《もどる》