天璽瑞宝トップ > 所縁の史跡 > 杣之内古墳群と石上豊田古墳群

天理市の杣之内町・勾田町・乙木町周辺一帯に点在する古墳たちを杣之内古墳群といい、石上町・別所町・豊田町一帯の古墳群を石上豊田古墳群といいます。

現在の天理市街地に重なるように、約1.5km四方にわたって広がるのが「布留遺跡」です。周辺一帯を支配していた集団の奥津城は、この遺跡によって杣之内古墳群と石上豊田古墳群の南北に分断されることになったようです。

四世紀末〜五世紀初頭と見られる西山古墳と小半坊塚古墳の後、しばらく首長墳の造営は断絶し、五世紀末から六世紀にかけて多数の古墳が築かれます。断絶期には石上神宮が創祀(禁足地が成立)することや、布留遺跡で鍛治遺跡の増加、居館遺跡が確認されるようになることなどから、在地豪族の力が衰退し、王権の勢力が扶植されていく過程が想定できます。

この、王権勢力の一翼をにない、五世紀末〜六世紀にかけて盛んに造墓活動を行った集団が、物部氏と見られています。
『前方後円墳集成 近畿編』によると、奈良盆地にかかる古墳時代後期の墳丘全長50m以上の古墳は、合計三十三基確認されているそうです。各郡ごとの地域で見ると、当地域(山辺郡)はそのうち十基を占め、最も活発に大型古墳が築かれた地域です。

これは、五世紀末から六世紀にかけて、この地域に大きな勢力を誇った集団の存在したことを裏づけ、物部氏が雄略朝に最高執政官として台頭したとする文献史学の説の蓋然性を高めているといえます。


 

石上広高宮伝承地ウワナリ塚古墳石上大塚古墳別所大塚古墳石上神宮峯塚古墳塚穴山古墳西山古墳小墓古墳東乗鞍古墳西乗鞍古墳乙木宮山古墳
▲クリッカブルマップになってます。

【杣之内古墳群】  
  西山古墳   塚穴山古墳
  峯塚古墳   小墓古墳
  西乗鞍古墳   東乗鞍古墳
  夜都岐神社  
【石上・豊田古墳群】  
  ウワナリ塚古墳   石上大塚古墳
  別所大塚古墳  



西山古墳 [地図]

奈良県天理市杣之内町にある西山古墳です。
全国最大の前方後方墳として知られ、国指定の史跡にもなっています。

全長約180メートル、後方部辺約90メートル。

後方部の二段目以上が円形という面白い形です。

安本美典氏が物部の十千根、大新河、武諸隅の名前を挙げて「物部氏関係の墳墓ではないか」と言っている古墳です。

墳丘の上からは、龍王山方面がよく望めます。

 

塚穴山古墳 [地図]

天理市杣之内町・御経野町にある、塚穴山古墳です。
西山古墳の北隣りにあります。

幅約13メートルの周濠をもつ、直径約60メートルの大型円墳です。
墳丘や、石室の石材はかなり失われてしまっていますが、残った部分で往時の立派な姿を偲ぶことができます。
玄室の長さは7メートルあります

六世紀と七世紀の境目ころに築かれたものと見られます。
物部大連家滅亡の直後である点が、当地にこのような有力な規模で築かれた意味を考えるとき、難しくしています。

 

峯塚古墳 [地図]

天理市杣之内町の峯塚古墳です。
石上神宮から神宮外苑公園の丘を挟んで南の丘の上にあります。
不思議な形の建物(←)の横を通り過ぎて、お地蔵さんの手前を右に入っていくと林の中に見えてきます。

直径約35メートルの円墳です。
七世紀中葉ころの築造とみられています。

次のページ

参考
日野宏「大和における首長系譜の一例」 『天理大学学報 第145輯』
加藤謙吉『大和の豪族と渡来人』
置田雅昭「禁足地の成立」 和田萃編『大神と石上』
安本美典『巨大古墳の被葬者は誰か』
近藤義郎編『前方後円墳集成』
石野博信編『全国古墳編年集成』

《天璽瑞宝》  《もどる》