天璽瑞宝トップ > 所縁の史跡 > 嶋物部神社

荒井神社 [地図]

京都府南丹市八木町美里字荒井に鎮座する、荒井神社です。

JR吉富駅から北東へ約1km、園部川と桂川の合流点にほど近いところに位置します。
近くには、メグミルクの大きな工場もありました。

石製の鳥居には、「延享四(丁卯)年」と彫られていました。江戸時代中期に作られたもののようです。

『三代実録』元慶六年十月九日に従五位下へ叙せられたとある、丹波国荒井神にあてられます。

また、『延喜式』神名帳の丹波国船井郡に見える、「嶋物部神社」の論社ともされます。

嶋物部神社の「嶋」は、『和名抄』の丹波国船井郡十一郷のひとつ、志麻郷として見える地名に由来すると考えられています。
祭神は、荒魂神。
物部神社にあてられる関係から、物部氏の祖、宇摩志麻治命のことと解釈されているようです。
現存の本殿は、江戸時代のものですが、室町時代の形式・木材を一部受け継いでいるとも。
京都府の文化財に指定されています。

《天璽瑞宝》  《もどる》